コモディティ・金融情報専門サイト
asumiru.com [アスミル・ドット・コム]
Data

イベント
カレンダー
FOMC声明全文
(FRB)

Data

予想レンジ
(CX日中・夜間)
(FX-くりっく365)
Data

内部要因データ
(国内商品)
(海外商品・FX)
Data

売買サイン
(商品・FX)
Data

寄り付き
予想価格
(輸入採算表)
Report

株式週報
Report

FX週報
Report

メディア寄稿
レポート
Report

経済コラム
Report

ゴム相場コラム
 
Chart

商品チャート
(国内)
Chart

商品チャート
(海外)
Chart

金融チャート
(FX・CFD)
Chart

スプレッド
チャート
(FX)
Chart

貴金属現物
海外リアル
チャート
Education

チャートの見方
Education

テクニカル分析の
基礎
Education

相場格言
Education

商品先物取引

基礎
Education

くりっく365

基礎


サイトマップ






2022年06月30日
原油の安値は買い
原油相場は120ドル台前半から100ドル台前半まで急落した後、110ドル台前半まで急反発する荒れた展開になっている。リセッションによる需要急減のリスクが上値を圧迫したが、足元の需要環境が大きく悪化している訳ではなく、気迷いムードの強さが目立つ。ただ、中国で新型コロナの感染被害が終息していること、北半球で本格的な夏季休暇シーズンが始まることを考慮すると、少なくとも短期的には需要拡大と連動して需給タイト感が意識され易いだろう。ロシア産の取引環境は依然として厳しい状態にあるが、代替供給先の確保を巡る議論も殆ど進展していない。乱高下が続き易いが、安値は買い拾いたい。

【大起証券営業部チーフパートナー・眞田幸弘】
原油相場に関するお問い合わせは082・221・5500まで。

2022年06月29日
白金の反発狙い
NY白金は900ドルの節目を巡る攻防になっている。世界各国がインフレ対応で強力な引き締め策を展開する中、リセッションの脅威が高まっていることが、白金相場を下押ししている。原油や非鉄金属相場と連動した値下がり圧力になった。一方で、急激な資源安でインフレ期待が低下する中、リスクマーケットは全体的に落ち着きを取り戻し始めている。白金相場も4月に続いて900ドル水準で短期底入れを確認しよう。南アの電力供給環境が不安定化していること、中国上海市が新型コロナの勝利宣言を行ったこともポジティブ。急伸する可能性が高いとは言えないが、安値修正を狙ったの買い妙味が強くなっている。

【大起証券営業部チーフパートナー・平山清明】
貴金属相場に関するお問い合わせは082・221・5500まで。