コモディティ・金融情報専門サイト
asumiru.com [アスミル・ドット・コム]
Data

イベント
カレンダー
FOMC声明全文
(FRB)

Data

予想レンジ
(CX日中・夜間)
(FX-くりっく365)
Data

内部要因データ
(国内商品)
(海外商品・FX)
Data

売買サイン
(商品・FX)
Data

寄り付き
予想価格
(輸入採算表)
Report

株式週報
Report

FX週報
Report

メディア寄稿
レポート
Report

経済コラム
Report

ゴム相場コラム
 
Chart

商品チャート
(国内)
Chart

商品チャート
(海外)
Chart

金融チャート
(FX・CFD)
Chart

スプレッド
チャート
(FX)
Chart

貴金属現物
海外リアル
チャート
Education

チャートの見方
Education

テクニカル分析の
基礎
Education

相場格言


サイトマップ






2024年05月24日
白金の押し目買い

白金相場は900〜1000ドルのボックス相場を上抜けし、一時1100ドル台に乗せた。長期化していたボックス相場をブレイクしたことで、投機筋の物色意欲が強くなっている。金相場や非鉄金属相場が高騰する中でも白金相場の値動きは鈍かったが、米金利上昇・ドル高の一服感もあり、漸く白金相場の値頃感が再評価され始めている。銀やパラジウムなどにも投機マネーの流入が観測されており、白金相場もコアレンジを切り上げよう。需給に関しても、WPICが2年連続の供給不足見通しを示している。昨年5月の1149ドルを上抜くと、チャート環境からも買いが膨らみやすくなる。押し目買いで臨みたい。

【大起証券営業部チーフアドバイザー・越智貴哉】
貴金属相場に関するお問い合わせは075・241・7711まで。

2024年05月23日
日経平均は上昇再開

日経平均株価は調整売り一巡後の上昇再開局面とみる。4万円台到達後は利食い売り優勢の展開になるも、徐々に地合を引き締めつつある。急ピッチな上昇な上昇相場の反動で利食い売りが膨らんだが、企業業績環境などに大きな変化が生じている訳ではない。24年3月期決算では、企業の増配や自社株買いといった株主還元強化の動きにも何ら変化は生じていない。3万7000円水準で底入れしたとみて良いだろう。米利下げ期待で米国株高を受けて、海外投資家の日本株物色も再開されている。まずは4万1000円水準の回復が打診されるが、企業業績環境の急変が見られないのであれば、更に上値を狙えよう。

【大起証券営業部シニアパートナー・佐藤規子】
株式相場に関するお問い合わせは03・3543・9111まで。