コモディティ・金融情報専門サイト
asumiru.com [アスミル・ドット・コム]
Data

イベント
カレンダー
Data

経済統計
金融政策
Data

予想レンジ
(日中・夜間)
(国内商品)
Data

商品需給データ
Data

内部要因データ
(国内商品)
(海外商品・FX)
Data

売買サイン
(商品・FX)
Data

寄り付き
予想価格
(輸入採算表)
Report

株式週報
Report

FX週報
Report

メディア寄稿
レポート
Report

経済コラム
Report

ゴム相場コラム
 Report
 ・コモディティ日報
 ・コモディティ週報
 はMembersサイトへ
 移動しました 
Chart

商品チャート
(国内)
Chart

商品チャート
(海外)
Chart

金融チャート
(FX・CFD)
Chart

スプレッド
チャート
ハイブリッド取引
(商品)
Chart

スプレッド
チャート
(FX)
Chart

貴金属現物
海外リアル
チャート
【重要】 Membersサイト
ID/パスの申し込みはこちらから登録をお願い致します。(登録・利用は無料)
◆お知らせ内の詳細も参照下さい。
Education

チャートの見方
Education

テクニカル分析の
基礎
Education

相場格言
Education

商品先物取引の
基礎
Education

くりっく365の
基礎


お問い合わせ


モバイルサイト


サイトマップ



大阪開催セミナー
 
東京開催セミナー


中部経済新聞(2019年03月21日)
日経225緩やかな上昇
日経225は上昇トレンド形成中。世界経済の減速懸念から一時2万円台まで調整したが、持ち直し、直近高値の2万1千円後半に迫る勢い。現在は米金融政策変更に対する思惑や21日のEUサミットを控え動意が付きにくい時間帯。ただ、下落のきっかけとなった中国の経済指標に反し、中国株が急回復していることから、買い仕込みやすい状況か。今回の上げに対する調整を待ち押し目買いを推奨。テクニカル的には、一目均衡表の雲のねじれが発生するのが21日。雲と値位置の距離感から多少は調整を強いられると考えられ、その押し目を買い拾いたいところ。

【大起産業営業部シニアアドバイザー・佐藤規子】
東京金融取引所にて月2回FX&CFDセミナーを開催。3月は26日。詳しいお問い合わせは03・3543・9111まで。

中部経済新聞(2019年03月19日)
南アランドが買われ易い
南アランドは7.7円水準で底固さを見せている。世界経済の減速が警戒されるも、米中通商協議の進展観測を背景にランド相場は底固さを見せている。昨年10〜12月期のGDPも1.4%増となっており、過去10年にわたる停滞局面からの再成長を掲げるラマポーザ大統領に対しては追い風が吹いている。金融市場のストレスが強まる中、新興国市場からは突発的な資金流入も警戒される。ただ、インフレ環境が一時期と比較して安定化する中、高金利通貨の再評価が進んでおり、8円台回復から一段高を打診しよう。世界の金利水準が急激に低下する中、高配当株などと同様に高金利通貨も物色され易い環境にある。

【大起産業営業部シニアアドバイザー・碓井壮一】
為替相場に関するお問い合わせは076―222―5811まで。