コモディティ・金融情報専門サイト
asumiru.com

商品先物取引の注意事項


商品先物取引は委託に際して委託者証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する委託者証拠金の額は商品により異なります。但し、実際の取引金額は委託者証拠金の約10倍〜30倍という著しく大きな額になります。また取引に必要となる証拠金は、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。但しその額は、商品や相場の変動によって異なり、一様ではありません。 当社(大起産業株式会社の定めた委託者証拠金については、こちらを参照ください。

商品先物取引は、相場の変動によって利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その利益や損失も預託している証拠金等の額に比べると高いものとなることがありえます。

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なります。当社(大起産業株式会社の定めた委託手数料については、こちらを参照ください。