コモディティ・金融情報専門サイト
asumiru.com [アスミル・ドット・コム]
Data

イベント
カレンダー
Data

経済統計
金融政策
Data

予想レンジ
(日中・夜間)
(国内商品)
Data

商品需給データ
Data

内部要因データ
(国内商品)
(海外商品・FX)
Data

売買サイン
(商品・FX)
Data

寄り付き
予想価格
(輸入採算表)
Report

株式週報
Report

FX週報
Report

メディア寄稿
レポート
Report

経済コラム
Report

ゴム相場コラム
 Report
 ・コモディティ日報
 ・コモディティ週報
 はMembersサイトへ
 移動しました 
Chart

商品チャート
(国内)
Chart

商品チャート
(海外)
Chart

金融チャート
(FX・CFD)
Chart

スプレッド
チャート
ハイブリッド取引
(商品)
Chart

スプレッド
チャート
(FX)
Chart

貴金属現物
海外リアル
チャート
【重要】 Membersサイト
ID/パスの申し込みはこちらから登録をお願い致します。(登録・利用は無料)
◆お知らせ内の詳細も参照下さい。
Education

チャートの見方
Education

テクニカル分析の
基礎
Education

相場格言
Education

商品先物取引の
基礎
Education

くりっく365の
基礎


お問い合わせ


モバイルサイト


サイトマップ



東京開催セミナー


中部経済新聞(2019年04月19日)
日経225上昇5波動目
日経225は、引き続き上昇トレンド形成中。依然として、リスクオンの流れが強い。東京マーケットは5月の連休を意識する時間帯になる為、最低限のリスクヘッジやポジション縮小は必須だが、中国の景気刺激策の効果も徐々に効果が出始めていることも経済指標をみると伺える。引き続き買い方針継続。テクニカル的には10月の高値24576円から12月安値の19029円の下げ幅の3分の2戻り水準が22727円となる為、まだ上昇に対する達成感はない。オシレーター系でも相対力指数は57.3%(4月17日現在)と買われ過ぎ感もない。

【大起産業営業部シニアアドバイザー・佐藤規子】
東京金融取引所にて月2回FX&CFDセミナーを開催。4月は19日。詳しいお問い合わせは03・3543・9111まで。

中部経済新聞(2019年04月18日)
NYダウは過去最高値へ
NYダウは2万6000ドル台に乗せている。昨年10〜12月期の株価急落に対する反動高局面が続いており、2万6951ドルの過去最高値更新も視界に入っている。過度の景気減速懸念が後退する中、投資家のリスク選好性が高まっている。米国債や金などの安全資産が売られており、株式市場に対する資金流入が加速し易い状況にある。足元では1〜3月期の業績発表が行われているが、昨年の減税による増益効果の反動で低調な決算になることは織り込み済であり、逆に強めの決算発表が行われると急伸することになる。高値更新は時間の問題だろう。

【大起産業営業部チーフアドバイザー・猪又敦】
東京金融取引所にて月2回FX&CFDセミナーを開催。4月は19日。詳しいお問い合わせは03・3543・9111まで。